おトクNANA!なとらっぷ

青森発、津軽地方のグルメ・ドライブから、お得な切符の鉄道旅行、マイルを使った海外旅行まで。幅広いお出かけ情報を発信します。

センチュリーマリーナ函館レビュー 天空露天風呂で函館ベイエリア一望&北海道食材朝食バイキング

こんにちは、シャインマスカット大好きタナーです。

 

2019年5月1日にグランドオープンする、JR函館駅から南西に徒歩5分のところにある『センチュリーマリーナ函館』のプレオープン期間に宿泊してきましたのでレビューします。スタッフもまだ慣れていないような初々しいホテルの宿泊記です。

f:id:shine7cut:20190413210549j:plain

美味しい朝食で有名なセンチュリーロイヤルホテル(JR札幌駅徒歩2分)のグループホテルです。 

JR函館駅から南西方向に徒歩5分のところにあり、いくら食べ放題で有名な朝食バイキングに定評のあるラビスタ函館ベイや、最上階の天然温泉露天風呂が最近オープンした函館国際ホテルが隣接しています。

今回のセンチュリーマリーナ函館はこれらのホテルに引けを取らないサービスを提供しています。いくらなどの海鮮のみならず、白米、野菜、総菜、デザートまで北海道食材を豊富に楽しめる朝食バイキングはもちろん、最上階からは函館ベイエリアの街並みと函館山が一望できるまさに天空の天然温泉露天風呂があり、人気が出る事間違いないでしょう。(個人的感想)

立地もJR函館駅から徒歩5分と2つの競合ホテルよりも近く、また、金森レンガ倉庫、函館朝市、市電駅(市役所前)へ徒歩圏内なので観光にとても便利です。

 

 

予約はサイトを比較して格安に

複数ある宿泊予約サイト(じゃらん、Booking.com、楽天、expedia etc...)の中で,

と公式サイトの宿泊料金を比較して、今回一番安かったのは、一休.comでした。

ダブルルーム朝食付きで15000円。更にオンライン決済でTポイントを即時利用し、自分のTポイントも使い約14300円でした。現地決済も選択可能でしたが、即時利用ポイント数がオンライン決済の方が少しだけ多かったので、オンライン決済しました。が、ここで痛恨のミスをしてしまいました。

なんと、現地でPayPay決済ができたのです。現在絶賛20%還元中(上限1000円)。ですから1000円引きを逃したのです。残念過ぎます。。

なぜ、はじめにPayPay決済できるか調べておかなかったか悔やまれます。皆さん、ホテルでもPayPay決済できるかしっかりチェックしましょう。 

 

お部屋紹介 ダブル(スタンダード)ルーム

今回泊まったのは、スタンダード20.5㎡のダブルルームです。

 

f:id:shine7cut:20190413211014j:plain

 

ベッドはシモンズ。このちょうどよい硬さが質の良い睡眠へ誘います。

f:id:shine7cut:20190413210452j:plain

 

窓からの景色は、海、摩周丸、JR函館駅周辺とそこそこ良い眺めです。

f:id:shine7cut:20190413210520j:plain

 

ホテルwifiがとにかく速いです。これはとてもいい。ホテルのwifiって遅いところが多いですが。ここは、早くて安心しました。

f:id:shine7cut:20190413223019p:plain

 

 その他こんな感じ。ソファがあるのは、寛げてよいです。

f:id:shine7cut:20190413210915j:plain
f:id:shine7cut:20190413211001j:plain

 

温泉があるので、室内はシャワー室のみ。洗面の下の棚にバスタオルがあります。

これをもって温泉に行きます。

f:id:shine7cut:20190413215854j:plain
f:id:shine7cut:20190413210930j:plain

f:id:shine7cut:20190413210508j:plain

あと、歯ブラシは、流し台したの引き出しに入っています。わかりづらいですね。

f:id:shine7cut:20190413221430j:plain

 

クロークにはアイロン、消臭スプレー常備

f:id:shine7cut:20190413210944j:plain


 

天空(最上階)天然温泉露天風呂がイチオシ!

公式HPでは、函館夜景がキレイな天空露天風呂がおすすめという様に夜をメインにしていますが、個人的には、夕方や朝などの明るい時間に入るのをおススメします。なぜなら、函館山を中心に左右の海と函館の地形がよく見えてキレイなのと、赤レンガ金森倉庫など施設も良く見えるからです。

当然ながら、お風呂の写真は撮れないので、イメージ図で我慢してください。笑

 

f:id:shine7cut:20190414223850p:plain

営業時間は15:00~朝10:00まで。ちなみに私は、夕方、夜、朝の3回も入りました。施設内は当たり前ですができたばかりでとてもキレイでしたし、広くて、温泉がとても気持ちよかったので。

お風呂は大きく分けて3つ。14階の室内ガラス張り風呂と源泉かけ流し風呂、そしてメインの15階天空露天風呂です。鉄分多めの茶色く濁った湯で、40℃と長居できる適度な温度です。

15階の露天風呂へは14階の浴室の中にある階段を上っていきます。階段はざらざらした石で滑りにくくはなっていますが、絶対安心という事はないので気を付けて登り降りしてください。特に踊り場に水が溜まりやすくなっています。

また、15階露天風呂入口にはバスタオルが常備されていました。(女子の方)

お風呂から上がった後のお肌のケアには、常備されているキュレルシリーズを惜しみなく使わせていただきましたよ。(クレンジング、洗顔、化粧品、乳液、ボディミルク、ジェル)

 

そして、14階のお風呂入口前にはラウンジがあります。

f:id:shine7cut:20190413215843j:plain

f:id:shine7cut:20190413220121j:plain
f:id:shine7cut:20190413220110j:plain

お風呂上りの生ビールは美味しいこと間違いなし。北海道といえば、サッポロクラシックですよね。

f:id:shine7cut:20190413215822j:plain
f:id:shine7cut:20190413215812j:plain

 

 

北海道こだわり食材満載の朝食バイキング

朝食の美味しいホテルランキング北海道1位のセンチュリーロイヤルホテルと同じ監修の元、野菜と玄米を活かした体に優しい朝食をテーマに、北海道食材をふんだんに活かしたこだわりの朝食バイキングです。

 

f:id:shine7cut:20190413221243j:plain

 

サラダは水耕栽培してますよ、のアピールもあります。

f:id:shine7cut:20190413221257j:plain

 

料理はこんな感じです。

f:id:shine7cut:20190413220047j:plain

一つ気になったのは、入り口でごはんと汁物をそれぞれ選びテーブルに準備してもらうのですが、固形燃料で温める汁物がテーブルの真ん中を陣取り少々手狭に・・・。そこまでこだわらなくてもよいのでは、と。お椀で自分でよそいに行きますよ。。

 

海鮮、いくらが食べ放題。中とろといくらがおいしかったです。

f:id:shine7cut:20190413220033j:plain

 

f:id:shine7cut:20190413221313j:plain
f:id:shine7cut:20190413220307j:plain

 

一通り写真を載せます。

f:id:shine7cut:20190413220400j:plain
f:id:shine7cut:20190413220905j:plain
f:id:shine7cut:20190413220916j:plain

ごはんは玄米か白米を選べます。パンは種類豊富です。

また、パン以上に種類が豊富なジャムも魅力的。

f:id:shine7cut:20190413220855j:plain

 

朝から、シャンパン飲み放題でした。

f:id:shine7cut:20190413220844j:plain

 

f:id:shine7cut:20190413220333j:plain
f:id:shine7cut:20190413220322j:plain
f:id:shine7cut:20190413220535j:plain

串揚げ、カレー、飲茶

f:id:shine7cut:20190413220523j:plain
f:id:shine7cut:20190413220546j:plain
f:id:shine7cut:20190413220556j:plain

ラーメン、ローストチキンと豚、アラカルト・・・

最後の締めはやはりデザートですよね。

f:id:shine7cut:20190413221340j:plain

 

はちみつが美味しかったです。

f:id:shine7cut:20190413221329j:plain


種類が豊富で長居できちゃいますl

f:id:shine7cut:20190413221459j:plain

 

以上、オープン前のセンチュリーマリーナ函館についてのレポートでした。

 

 

www.nanatrap.com

 

 

 

スポンサーリンク