おトクNANA!なとらっぷ

青森発、津軽地方のグルメ・ドライブから、お得な切符の鉄道旅行、マイルを使った海外旅行まで。幅広いお出かけ情報を発信します。

ハイアットリージェンシーシドニー 部屋アップグレード&メニュー豊富な朝食 ラグジュアリーカード特典

こんにちは、シャインマスカット大好きタナーです。

 

2018年9月某日、シドニーへ旅行しました。

宿泊したホテルはハイアットリージェンシーシドニーです。

f:id:shine7cut:20181015212523j:plain

このホテルは、ラグジュアリーカードLUXURY CARD VIP HOTEL & TRAVEL(ラグジュアリーカードのコンシェルジュ サービス)を利用して決めました。

予算250AUDで紹介があったのは、以下の2ホテルでした

 

ホテル候補

1.「ハイアットリージェンシーシドニー」<HYATT REGENCY SYDNEY>

場所:ダーリングハーバー沿い(address :161 SUSSEX STREET)

特典内容:
Breakfasts(朝食)/2名分
アーリーチェックイン、レイトチェックアウト、お部屋のアップグレード ※いずれも当日の空き状況による

 

2.「シャングリラ シドニー」<SHANGRI LA SYDNEY>
場所:サーキュラーキー
特典内容:
・USD100相当ホテル内飲食クレジット(ミニバー料金除く)
・ Café MixのBreakfasts(朝食)/2名分

・アーリーチェックイン、レイトチェックアウト、お部屋のアップグレード ※いずれも当日の空き状況による

 

迷いましたが、シドニー滞在でサーキュラーキーにあるインターコンチネンタルホテルは既に決めていたので、場所を変えてもう一つのハーバービューで人気のダーリングハーバー沿い「ハイアットリージェンシー」を選びました。

 

f:id:shine7cut:20181015212534j:plain


  

ハイアットリージェンシーシドニー アクセス

ハイアットへは地下鉄TOWN HALL 駅から徒歩10分です。

TOWN HALL駅へは私の場合は空港から向かいました。

空港からバスで地下鉄Banksia駅へ行きます。 (※空港からシドニー市街地まで最安で行く方法です。詳細は別途まとめます)

そして、地下鉄Banksia駅からTOWN HALL駅までは乗車時間20分程です。

 

地下鉄出口からは、シドニー市役所が見えたり、ザ街の中心という感じで、四方が建物だらけなので、基本的にgoogleマップさんに助けてもらいました。

道はまっすぐなので、方向さえ間違わなければ、問題なく到着できます。

坂が多く、スーツケースを引っ張るのがすこーし疲れたかな。。

 address :161 SUSSEX STREET 

 

 

アーリーチェックイン

シドニーに到着したのが朝8時頃で、ホテルに着いたのは午前11時前。

まずは荷物を置こうとチェックインすると、お部屋の準備が既にできており、午前中からお部屋に案内いただきくつろぐことができました。

 

 

部屋アップグレード

予約されていたお部屋roomは、King Bedである他は特に指定はないものでしたが、

当日hurbarビュー側のお部屋になりました!

また、階こそ低かったものの、新館の方を案内いただきました。

f:id:shine7cut:20181016221707j:plain
f:id:shine7cut:20181016221700j:plain

 

f:id:shine7cut:20181017001002j:plain
f:id:shine7cut:20181017000955j:plain
f:id:shine7cut:20181016235522j:plain



 お部屋はこんな感じ↓

f:id:shine7cut:20181015234910j:plain

バスルーム↓ バスタブは無し。シャワーのみ

f:id:shine7cut:20181015234916j:plain


 あっ、そういえばオーストラリアのトイレ、開けてビックリ!便座が大きくて落ちていきそうでした・・・(笑)(笑) 

 

↓枕元にコンセントとUSBプラグありました。

コンセントは、ハの字の「O型」です。

f:id:shine7cut:20181015234857j:plain
f:id:shine7cut:20181015234850j:plain

 

↓アイロン・アイロン台もありました

f:id:shine7cut:20181016235536j:plain

 

この日は曇っていたのですが、夜景もキレイでしたー☆★

f:id:shine7cut:20181015212511j:plain

 

 

 

メニュー豊富な朝食

今回このホテルで一番のおススメは朝食です。

とにかくメニューが豊富で、全部はとても食べれません。

ホットコーナーももちろん充実していますが、

サラダ、果物、パンはの種類も多くて、日本でここまでの種類は見かけないかな、、と。

 ホットコーナー↓

f:id:shine7cut:20181015210826j:plain

 

 ↓サラダ・チーズ(スモークサーモンもいっぱい☆)

f:id:shine7cut:20181015210837j:plain
f:id:shine7cut:20181016235542j:plain

 

オムレツコーナー↓

f:id:shine7cut:20181015210849j:plain
f:id:shine7cut:20181015210815j:plain

 

パン↓

f:id:shine7cut:20181015204832j:plain
f:id:shine7cut:20181016235549j:plain



フルーツ↓

f:id:shine7cut:20181015204825j:plain
f:id:shine7cut:20181015204819j:plain

 

 

良いとこ①ダーリングハーバー直結!

ホテルからダーリングハーバーへ直接出れる出口がありました

f:id:shine7cut:20181015204839j:plain



 

 

 

おまけ:カード支払いは現地通貨で!

チェックアウトでカードで代金を支払う際、現地通貨か日本円か選択できるのですが、

この時とっさにどちらにしたらよいのかわからず、「日本円」で!と言ってしまいました。ご存知の方はこの選択を笑うでしょう。。笑(笑)。

 

海外旅行に慣れている方々にとって、こういう時は絶対現地通貨がよい!というのは当然だと思います。

日本円にすると、請求元であらかじめ任意にレートを決めることができ、大半が為替レートよりも高く設定しているからです

 

実際私の結果は、253.41AUD、22094円の選択で、22094円でカードを切ってしまいましたが、この日の為替レートは80円程でしたので、約2000円程損しました!!!

 

とにかく、現地通貨でカードを切りましょう!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク