おトクNANA!なとらっぷ

青森発、津軽地方のグルメ・ドライブから、お得な切符の鉄道旅行、マイルを使った海外旅行まで。幅広いお出かけ情報を発信します。

SJフォレスターワイパー交換でアイサイトフロントガラスにヒビ。費用20万円

皆さんこんにちは、シャインマスカット大好きタナーです。

 

愛車FORESTERの大失敗事例です。

結果から言うと、セルフでワイパー交換(冬→夏)した際、ワイパー装着前の引っ掛ける金具フック部分をフロントガラスに落とし、ヒビを入れてしまいました。

コツンと音をたてて落下したので、恐る恐る近づいてみると、数ミリの破壊点から数センチの直線状のヒビが2本入っているのがはっきり確認できました。。一旦ヒビが入ってしまうと、どんなにそのヒビが小さくても数週間で成長し、ヒビの入ったフロントガラスでは車検は通りませんので、最終的に交換は免れません。

費用はおよそ20万。血の気の引く状況でしたが、嘆いても仕方がありません。事実はしっかり受け止め二度と繰り返さない様に対策するしかありません。

という事で、ヒビが入った際のフロントガラス交換についてまとめました。

1.ヒビは必ず成長し、交換は必須

残念ながら、ヒビが入ればどんなに小さくても交換は免れません。少しの衝撃や雨、気温差でヒビは徐々に間違いなく成長してきます。実際写真の様にぐんぐん延びていきました。しかも内側に。。

何か交換しなくてよい手段が無いか必死に探しました。ネットで、数センチのキズならガラス屋さんで樹脂キットでキレイに修正してもらえる…という方法もあると調べました。同時に発生当日にヒビ修正してもらえるガラス屋に行って処置できたとしても、あくまで対処療法でヒビの成長を遅らせるのに留まり、いつかは交換せざるを得ないという事例もいくつも紹介されていました。

残念ですが、交換は避けられないと言って良いでしょう。辛いです。。

①発生2日目

f:id:shine7cut:20190704015949j:plain

②発生7日目

f:id:shine7cut:20190704020653j:plain

③発生14日目

f:id:shine7cut:20190704020003j:plain

 

2.交換費用

交換費用は、アイサイト搭載のSJフォレスターでは約20万円でした。

内訳は、ガラス代の他、技術料(アイサイト設定含む)、各種シール材と、カーナビについているアンテナシールの張替えが主な中身です。

f:id:shine7cut:20190704033442j:plain

 

 

3.交換までの流れ

発生したのはGW最中。見事にディーラーはお休み。定休日も含め5/9までお休み。

ディーラー再開初日5/10に速攻で行きました。

ディーラーでのやり取りは、

 ①現象確認→交換「要」の即判断

 ②見積り(20分程)

 ③部材発注もあるので、即依頼と日程決め

 ④2週間後に実施

かかった時間は、通常であれば2泊3日で可能との事。

ディーラー定休日を挟めたので、実際は月曜に預けて3泊4日で木曜日に受け取りに行きました。 

 

4.二度と繰り返さないための原因分析~ヒビが入るまでの3つのミス~


①ワイパー固定まで完了させないまま思い込みで手を離す


ワイパー交換の作業完了は、ワイパーの穴に駆動軸を引っ掛けて更に引っ掛けた穴とは反対の止め治具がカチッとなるまで固定するまで。(説明へたくそですが、何となくわかりますよね。種類によって異なるとは思いますが…)
でも、私が実際にやった作業は、ワイパーを外し、交換するワイパーを引っ掛けたところまでで駆動軸側の手を離してしまった。
どうして手を離してしまったか原因を冷静に分析すると、、
 引っ掛けた後止め治具で固定しようとしたけど、手がふさがっていた。
 →どちらか手を離したい
  →穴には引っ掛けたから、軸側の手を離しても大丈夫。
   →引っかかっていなかった(=大丈夫なのは”思い込み”)
要するに「作業完了まで支えておく必要のあった駆動側の手を離した」のがミスです。
どちらの手を離すべきかちゃんと考えてなかった事が浮き彫りになりますね、反省。

一瞬の出来事で、コツンという嫌な音と、思ってたのと違う(ワイパーが引っかかっていなかった)状況に鳥肌が立ったのをいまでも覚えています。


②”金具むき出しのままフロントガラスに落下するかもしれない”リスク管理不足”


今回落下させてしまったのは、助手席側のワイパー。
そもそもワイパーは立てて静止できる位置がありますが、フォレスターの助手席側のワイパーだとその位置が車の中央になり、車の真正面に立たないと引っ掛ける穴が見えません。更に車の中央からワイパー迄距離があり作業性が悪い為、私の選んだ手段は、助手席サイドから、軸を手前に倒しばねの力がかかった中途半端な状態でワイパーを外し作業を続けました。その手を離したのですから、ばねの力で勢いよくフロントガラスへ落下したのです。
対策は一つ、これはディーラーさんからも口酸っぱく言われましたが、
「フロントガラスに予めクッションとなるタオル(雑巾でもなんでも)を置いておく」
それだけです。


③交換するタイミングが遅い


今回は冬ワイパーから夏ワイパーの交換。で、交換したのはなんと、GW、遠出のドライブの道中。
雨が降ってきてワイパーを動かした時に、このまま長時間運転して、今年せっかく新品に交換したのにゴムの摩耗が進んでしまうのはもったいないと気になり始めたのがきっかけでした。
そう思うなら、なぜ出発前にやっておかなかったのか。なぜGWまで放っておいた?など総ツッコミですよね。毎年、ワイパー交換はタイヤ交換と同時にやっていますが、今年は、冬タイヤが摩耗してきたのでそのまま履きつぶすため交換はしませんでした。ワイパー交換は、そのうちそのうち、、と思って結局やらずじまいでした。
旅先で今年買った冬ワイパーの摩耗が気になる前に、出発前の時間がある時にちゃんとやっていればこんなことにはならなかったです。

 

5.おわりに ~お金と時間は大切に〜全ては自分の行動次第~

 

 交換費用だけでも相当ショックですが、、せっかくのGW長期休暇という貴重な時間を無駄にしてしまいました。

人生において、限られた唯一無二の時間。しかも、目的地の天気は快晴で絶好のドライブ日和でした。そんな貴重な時間を無駄にした今回の行動は、きちんと考えれば回避できたものです。分析したミスを二度と起こさない様に、また、今回のワイパーの件だけなく日頃からたいていのミスは避けられるものだという事を肝に銘じて、よく考え人生楽しく生きたいと思うのでした。

 

 

www.nanatrap.com

 

www.nanatrap.com

 

 

 

 

スポンサーリンク